FL-Rules

受け取ったデータのチェックポイント:デザインデータ編

クライアントより受け取ったデータのチェックポイント

制作ディレクションの仕事のひとつに、[円滑に制作が進むようにサポートをすること]があります。
クライアントより受け取ったデータが、そのまま制作に入れる完全データではないこともあります。
そんなデータを制作にそのまま転送しても、制作に着手できません。

では、制作にすぐに入れるデータ とは何か? チェックポイントを書いていきます。

Photoshop(拡張子:psd)編

チェックポイント

・レイヤー分けされているか

ウェブデザインデータは、Photoshopデータで制作されることが一番多いかもしれません。
Photoshopは、ダイレクトに選択できないオブジェクトがあったりしますので、
レイヤー分けされているかどうかの確認が必要です。
レイヤー分けされていなければ、レイヤー分けしてもらうようクライアントに相談します。

Illustrator(拡張子:ai)編

チェックポイント

・レイヤー分けされているか
・アウトライン化されたデータと、アウトライン前のデータが支給されているか
・カラー設定がRGBになっているか
・サイズ指定がpxになっているか
・埋め込まれていない画像も併せて全て支給されているか(埋め込まれていない画像に画像リンクできるか)

Illustratorのデータは、主に紙のデザイン制作に使われることが多いです。
aiデザインのカラー指定はCMYK、ウェブ用はRGBです。
サイズ指定がpxになっていない場合は、mmやcmで制作されていることがありますが、
そのようなデータではコーディングができませんので、デザイナーにpxに調整して頂くか、psd化して頂く必要があります。
クライアントのほうで調整が難しそうな場合は、弊社デザイナーにてpsd化となります。
psd化の分の作業費用が別途かかりますので、まずは一度クライアントに相談しましょう。

Fireworks(拡張子:png)編

チェックポイント

・レイヤー分けされているか


各チェックポイントに「レイヤー分けされているか」が必ず入っています。
実はレイヤー分けされていなくてもコーディングはできますが、
コーディング時にわかりづらいので、なるべくレイヤー分けされていたほうが好ましいのです。

但し、スケジュール等の問題で、クライアントに戻してレイヤー分けしてもらう時間がない場合は、
レイヤー分けされていないデータでコーディングを進めることもできます。
そのあたりは臨機応変に判断しますが、
クライアントには「次回よりレイヤー分けされたデータのご支給」をお願いしましょう。

URL
TBURL

Leave Comments

*
*
* (公開されません)

※日本語が含まれない投稿は送信できませんので、ご了承くださいませ。

Category List

Return Top