FL-Rules

ディレクトリ構成について

制作時に特にディレクトリ構成についての指示がない場合には、
下記のディレクトリ構成を標準とします。

※例として下記は、 トップページと、お問い合わせページの構成です。

 

凡例: □・・・ファイル、■・・・フォルダ

□index.html
□local.css(index.htmlトップのcss)
■images(index.htmlトップのコンテンツ部分の画像)
■common
├■css(サイト内全ページ共通のcssファイルを格納)
├■js(サイト内全ページ共通のjsファイルを格納)
└■images(サイト内全ページ共通のimgファイルを格納※ヘッダフッタ等)
■contact※これが下層ページのディレクトリ
├□index.html
├□local.css(contact/index.htmlのみのためのcss)
└■images(contact/index.htmlのimgファイルのみを格納)

 

下層は、下層のフォルダを作り、その中に下層用indexファイルを置きます。
基本的に、common/以下のファイルは、下層ページ制作に入ったら手を加えないルールです。
画像フォルダはimagesというフォルダ名で統一です。
(id/class名はimgを推奨しているため、混同を避けるためです)

 

この構成だと、下層ページをあとから追加する際に、
追加ディレクトリのみをアップするだけで表示されるので、運用上便利です。

Category List

Return Top